#へんなはなし

文字書きが好きな27歳女の雑記ブログ

【乃木坂46】紀の善で「他の星から」のあんみつ食べた

スポンサーリンク

f:id:ayhiga:20170731191007j:plain

どうも、あんみつです。

あんみつが、あんみつを食べてきました。

 

「他の星から」に登場する紀の善のあんみつ

 

7月初旬に乃木ヲタ彼氏の誕生日お祝いを兼ねて紀の善を訪問。

紀の善のあんみつは、乃木坂46の「他の星から」という曲に登場してくるスイーツです。

 

紀の善であんみつ食べられれば、それ以上の贅沢は望まない

 

飯田橋の駅を降りて」という歌詞から始まる「他の星から」はファンのなかでも人気曲のひとつです。

PVで西野七瀬ちゃんが実際に紀の善のあんみつを食べてたので、ファンの間で聖地巡りのひとつとして有名な甘味処屋さんです。

 

その日はまさに、ちょうど神宮球場で乃木坂のコンサートだったようで、店前には男性客の行列ができていました。

 

行列に驚いて「日を改めたほうがよいかな?」と一度飯田橋を散策したのですが、意外と甘味処が見当たらず。

30分ばかり散策して、紀の善前に戻ってくると店内で数組待ってる程度でした(すさまじい回転率…)。

 

他のテーブルで女性客が食べていた抹茶ババロアが美味しそうだったのですが、やはり「それ以上の贅沢は望まない」と言わしめるあんみつをオーダーするしかありません。

 

874円のクリームあんみつをオーダー

 

f:id:ayhiga:20170731191031j:plain

とてもボリューミーです。

じつはわたし、フルーツを普段あまり食べないので人生初のあんみつです。

 

食べるバランスがおかしすぎて、大量に埋もれていた寒天を消費しきれず最後は撃沈しました。

口のなかが寒天だらけって結構つらいものがあります。

どうか、あんみつは計画的にバランス良く食べ進めてください。

 

「他の星から」というタイトルに思うところ

 

さて、あんみつから少し話が逸れるのですが、乃木坂の「他の星から」は無機質な日常を送る地球人のもとに他の星から未確認生物がやってきて目的は何?というような曲です(ざっくりと)。

 

世界の危機ってこと私にはわかるけど、ああ、それより三味線のお稽古に遅れそうなの、まずいわ人間関係

 

これは個人的な見解なのですが、「他の星から」は秋元先生がジョン・グレイ博士の「男は火星から、女は金星からやってきた」にインスパイアされていたら面白いなと。

 

ジョン・グレイ博士は「ベスト・パートナーになるために」という女性からの指示が高い恋愛指南書を著作した人物です。

秋元先生はジョン・グレイ博士の著作を何冊か翻訳してるのですよね。

 

グレイ博士いわく、男と女は生まれた星が違うくらいに根本が違って、相手を知ろうと夢中にもなるけど、「なぜ自分の気持ちが伝わらないのだろう」ともどかしくもなる相手であるという話です。

 

どうにか理解してもらおうと頑張っているうちに、「もともとは違う星人なのである」という事実を途中から忘れてしまって思い通りにならない苛立ちでいっぱいになるそうです。

 

自分とは違うから知りたくて、魅力的な相手だったはずなのに、じぶんと同じフィルターでのぞいてもどかしくなっている的な。

 

乃木坂の「他の星から」でやってきた目的も分からない知らないひとは、じつは恋した相手でつまらなかった日常を劇的に変えてくれる異性だったという解釈が面白いと個人的に思うわけです。

 

 私のHNが「あんみつ」の理由が紀の善だった

 

さいごに、私のブログネームが「あんみつ」の理由が紀の善であり、乃木坂の「他の星から」です。

一時期、通勤で総武線を使っており、飯田橋の駅を通過していたのですが、そのたびに「他の星から」を聴いたりしていて。

その時に、たまたま読んでいた恋愛指南書が秋元先生翻訳のグレイ博士本で「もしかして…」と思ったわけです。

 

最初は「これ以上の贅沢は望まれないほど良い女になっていやる!」というつもりだったのですが、改めてジョングレイ博士の著作を読んでみて「男はじぶんの思い通りにできない異星人である」と思った次第です。