#へんなはなし

文字書きが好きな27歳女の雑記ブログ

東京大神宮の恋みくじで大吉ひいて恋人が10日以内にできた話

スポンサーリンク

f:id:ayhiga:20170621190127j:plain

 

縁結びのパワースポットとして人気の東京大神宮。

恋のジンクスが多く、「恋人ができた!」と効果を感じたひとが多いスポットです。

 

どうも、東京大神宮の恋みくじが的中したあんみつです。

 

じつは、東京大神宮の恋みくじで大吉を引き当てた9日後、「恋人になってください」と告白してくれた彼氏と、交際期間1年を経て同棲中です。

 

最近、改めて引いてみた恋みくじが、さらに的中した内容だったので、今回は「東京大神宮の恋みくじ」について紹介します。

 

また、東京大神宮のご利益をパワーアップさせるジンクスやお守りについて、あんみつの体験談を踏まえてお話しさせていただきます。

 

 

東京大神宮の恋みくじは的中率が高い

 

東京大神宮の恋みくじは、書かれている内容の的中率がとても高いのです。

現在の恋愛運勢から、星座・血液型・年齢差・干支が書かれています。

 

あんみつが告白される9日前に引いた大吉の恋みくじ

f:id:ayhiga:20170621173742j:plain

 

愛情運という文字の横に書かれた内容が、現在の状況をドンピシャで当ててくれます

 

「心変わりをすることなく慶びの日を迎えるよう決心しなさい」とあるように、あんみつにとって、じつは彼氏からの告白は、受ける嬉しさと決心が必要なものでした。

 

また、ほかの神社で初詣をしたのですが、後日、東京大神宮でお参りをしたときに、引いた恋みくじが「年の初めの初詣でに二人してお祈りした甲斐があって」という出だしで始まっていたのです(ちなみに、二人は幸せになれるという内容でした)。

 

ちなみに、大吉の恋みくじの書かれていた内容で、「星座・血液型・年齢差」がピッタリと合っていました。

 

あんみつが直近で引いた中吉の恋みくじ

f:id:ayhiga:20170621175301j:plain

 さらに、直近で引いた東京大神宮の恋みくじですが、「星座・血液型・年齢差・干支」すべてがほぼ的中していたのです。

 

年齢差が二つ違いなのでニアピンですが、「特に女性が上のほうがうまくいきます」とあります。

はい、あんみつが彼氏より年上です。

 

ちなみに彼氏は「蟹座・A型・申年」です。

東京大神宮で大吉を引いた友人は片思いが実った

さらに、「大吉を引き当てた1年後に実りそうにない片思いを成就させた」友人が、あんみつにはいます。

 

すでに、あんみつが彼氏とお付き合いをスタートしたあとで、わたしの話をきいて一緒に東京大神宮へ行ったときのことです。

 

友人いわく、「おみくじは、自分が納得できるまで何回でも引いてOK!」という話で意気込んでいました。

 

しかし、初穂料をたくさん持ってきた友人の意気込みを知ってか、「一発で大吉」だったのです。

 

それから1年、何度か片思い相手の相談を受けていて、内心(絶対無理だよ…)と思っていたのですが、現在、順調にお付き合いをしているようです。

 東京大神宮で恋が叶うジンクス

 東京大神宮にあるジンクスは、以下のようなものがあります。

  • ひとりで参拝したほうがよい
  • すずらん守りの紐がほどけると良縁がある
  • 縁結びのお守りを人からもらうと恋人ができる

あんみつは、下調べをしていたわけではないのですが、「ひとりでの参拝」と「鈴蘭守り」を購入していました。

すずらん守りの社紋がなくなっていた

f:id:ayhiga:20170621181204j:plain

すでに、返納したあとで、身に着けていた鈴蘭守りの写真がこれ1枚なのですが、じつは紐がほどけて社紋が紛失しているのです。

 

ちなみに、鈴蘭守りを揺らして、初めて鈴の音を聴いたときに「なんて澄んだ音なんだろう」と感動したことを、今でも覚えています。

 

そのほかにあんみつがやっていたジンクス

 

ちなみに、東京大神宮に限らず、あんみつがお参りのときに行っていることは以下のとおりです。

  • 午前中のうちに参拝する
  • お願いごとをする前に名前と住所を神様に伝える
  • 雨のときに参拝すると効果があがる

お祈りのときは、まず頭のなかで自分が誰なのかを神様に伝えています。

また、雨の日は境内のなかが澄んでいるというか、雨で浄化されて効果が高まっているそうです。

 大吉以外の恋みくじは結ぶようにする

f:id:ayhiga:20170621182753j:plain

ちなみに、あんみつは大吉のおみくじは1年間お財布にしまっていましたが、それ以外のおみくじは境内に結んで帰るようにしています。

 

おみくじは基本的に、よい結果なら持ち帰り、悪い結果であれば境内に結んで帰るのが一般的です。

「結ぶ」行為は、「神様とのご縁を結ぶ」という意味があり、悪い結果のおみくじを境内に結んで浄化してもらおうというわけです。

持ち帰った恋みくじが返納できない場合

また、持ち帰ったものの、恋みくじの対処法に困る場合があるかもしれません。

基本的に、持ち帰った恋みくじは、引いた神社に返すのが一般的ですが、返しにいけないときは、白い封筒に清めの塩と一緒にいれて処分すればよいようです。

 

 東京大神宮の恋みくじが当たらない理由

 東京大神宮の恋みくじが当たらなかったという友人がいます。

片思いが実った友人は大吉を引き当ててから1年越しの成就だったので、結果がまだ出ていないだけかもしれません

 

とはいえ「的外れだった」「当たらなかった」ひとは、がっかりですよね。

さいごに、当たらない理由として考えられるものを紹介します。

 

神社と人の相性がちがう

じつは、神社と人には、相性があると言われています。

初めて聞いたとき、あんみつはポケ〇ンかと思ったのですが、人も土地も「土・風・火・水」4つの属性に分かれているそうです。

 

そのため、神社と属性が同じで相性がよいひとほど、おみくじの内容が的中すると考えられるわけです。

 

縁結びの神社やパワースポットは数多く存在しているため、自分と相性のよい場所を探してみるとよいでしょう。

あんみつと東京大神宮の相性はバツグンだと確信している

ちなみに、あんみつは東京大神宮が大好きです。

落ち込んでいたり、悩んでいるときに東京大神宮の境内でボンヤリしていると心が見違えて穏やかになります

 

あんみつはスピリチュアルな感性があるわけではないのですが、東京大神宮の境内に入ると、いつでも空気がひんやりしているように感じられるので、相性がよいのだと信じています。

結果にとらわれ過ぎている

 また、「大吉だから恋人ができるはず」「末吉だったから当分無理かも…」というように、結果だけで内容を吟味していないことが原因かもしれません。

 

あんみつは、お付き合いをはじめてから、現在の恋愛状況を知りたかったり、元気がなくて背中を押してほしいときに東京大神宮で恋みくじを引きなおしています。

 

とはいえ、恋みくじで大吉を引き当てたのは交際前の1回きりです。

 

しかし、内容を読んでみると、「確かにそうだ」と考えさせられることが多いのです。

 

結果よりも、書かれている内容をヒントに、恋愛運をあげていくことがポイントです。

 

東京大神宮の恋みくじは結果よりも内容解釈が大切

東京大神宮の恋みくじについて、解説してきました。

 

「大吉を引けば3ヵ月以内に恋人ができる」とジンクスのある東京大神宮ですが、大吉でも凶であっても、とりあえず「内容をよく読んで欲しい」です。

 

へんなはなし、「大吉ひいたから恋人ができる」わけではなく、恋みくじは現在の恋愛運勢を示しているにすぎません

大吉を引いたということは、「とても恋愛運が上がっていますよ」というだけで、恋人ができるかできないかは結局、本人の行動次第です。

 

とはいえ、恋に悩んで立ち行かないときは、無理にひとりでどうにかしようとせず、恋みくじにアドバイスをもらってみるとよいでしょう。

 

東京大神宮の基本情報