#へんなはなし

文字書きが好きな27歳女の雑記ブログ

推しメンに嫉妬…アイドルオタクの彼氏にモヤモヤしない方法

スポンサーリンク

f:id:ayhiga:20170529135115j:plain

 

彼の趣味だから」「アイドルは別世界…」なんとか理解して、現実と区別をつけようと努力しても、ドルヲタ彼氏の推しメンにモヤモヤと嫉妬していませんか?

 

どうも、あんみつです。

 

彼氏がヲタ活でイキイキとするほど、不機嫌な態度をとってしまう女性がいると思います。

 

だって、アイドルは超絶かわいいし。

 

アイドルとはいえ、かわいい女の子を応援している彼氏に、寂しい気持ちになってもおかしい話ではないですよね。

あんみつは、そうでした。 

 

しかし、モヤモヤをこじらせれば、彼氏との関係にヒビがはいってしまうことも。

 

そこで今回、「アイドルが好きな彼氏にモヤモヤと嫉妬しない方法」を紹介します。

 

 

アイドルに負けている? 嫉妬をおこす原因

 

アイドルにモヤモヤと嫉妬をおこす原因は、ずばり「比較」です。

 

じぶんとアイドルをくらべて、「負けている」と感じたときにモヤモヤがおこります。

 

「負けている」という言葉に、カチンとくる人がいるかもしません(まさに、あんみつがそうなのですが)。

プライドが高いひとほど「勝ち負け」にこだわって、競い合っちゃう性格なようです。

 

ちなみに、くらべる対象は、ルックスといったスペックに限らず、彼氏の言動にあります。

 

  • 自分を可愛いと言ってくれない(アイドルは可愛いと言うのに)
  • CDやグッズにお金を使いまくっている(デートはお金をかけないのに)
  • 休日は握手会やコンサートにいく(わたしとデートしろよ!)

 

彼氏からアイドルより大切に扱われていないと感じることで「嫉妬」が生まれるというわけです。

 

嫉妬心がおこす3つのNG行動

 

とはいえ、彼氏からすれば、アイドルは「趣味」です。

趣味に惜しみなくお金や時間を使うのは、誰だって同じですよね。

 

アイドルと自分を比べるなんてナンセンス…。

それが分かっているからこそ、モヤモヤと嫉妬してしまう自分がみじめに思える女性もいるでしょう。

 

嫉妬のままにおこしてしまう行動は、かえって彼氏を癒し(アイドル)に走らせてしまうかもしれません。

 

アイドルが好きな彼氏にモヤモヤとしている女性が、ついやりがちなNG行動をチェックしましょう。

 

どうせ私よりアイドルでしょ? 彼氏を責めてしまう

 

あからさまに不機嫌な態度をとって、彼氏を責めていませんか?

水を差すような態度は、彼氏の気持ちを萎えさせてしまいます

 

彼氏は好きなことに打ち込めず、こそこそとオタ活にいそしむことになるでしょう。

 

あんみつは、彼氏から「推しより、あんみつだよ」と言われても、「言っときゃいいと思ってるんでしょ」と気持ちを素直に受け取れない時期がありました。

 

可愛くない態度ばかりとっていると、本当に何も言ってくれなくなります

モヤモヤが態度に出てしまいそうなときは、彼からそっと離れるようにしましょう。

 

アイドルを批判してしまう

 

ライバル心から、ついアイドルを批判していませんか?

 

誰だって好きなものを否定されればムカつきますよね。

たとえ、あなたの的確なアラ探しが功をなし、「言うほどかわいくないかも…」と彼氏が推しに対する熱意を失ったとしても、あなたへの愛が増すわけではありません

 

むしろ、「ひとの悪口をいう人はちょっと…」なんて、あなたへの気持ちまで冷めてしまうことだってありえます。

 

アイドルの話を聞きすぎてしまう

 

無理に趣味を共有しようとしたり、理解しようとがんばり過ぎていませんか?

じつは、あんみつが一番やっていたパターンです。

 

じぶんの趣味に反応してくれた彼氏は、喜々として色んなことを教えてくれました。

 

思えば、彼氏がアイドルにガチ恋ならば、これほど親身に教えてくれることはなかったでしょう

 

一緒にコンサート参戦して、双眼鏡で必死に推しメンバーを追っている彼氏はなかなかインパクトが大きかったです…。

 

モヤモヤを大きくさせてしまうだけなので、無理に趣味を理解しなくてよいのです

 

趣味が理解できるにこしたことはない?

 

とはいえ、余談ですが、オタク気質のあるあんみつは、意外と女性アイドルにハマってしまいました。

 

アイドルに限らず、共通の趣味があるのはよいですね。

ただ、すべてのカップルが共通の趣味を通じて付き合っているわけではありません

 

互いの趣味を理解できる関係が望ましいでしょう。

アイドル好きの彼氏にモヤモヤ嫉妬しない方法

 

モヤモヤしてしまう時間は、自分磨きや趣味に打ち込んでみましょう

 

恋愛以外に打ち込めるものを見つけてみてください。

あんみつは、ダイエットに打ち込みました。

 

とにかく嫉妬してしまう時間は、減らしてしまうに限ります。

 

なりたい自分を目指す

 

ただ、自分磨きで、彼が好きなアイドルにわざわざ寄せていく必要はないと思います。

 

あくまで、自分がなりたい理想を目指してみてください。

じぶんの理想を目指すほうが、モチベーションにもつながります。

 

「モヤモヤしたっていいじゃない」という開き直り

 

また、ときには素直に落ち込みましょう。

 

嫉妬してモヤモヤしてしまうのなら、その気持ちを無理にどうにかしようとしなくてよいのです

 

モヤモヤとしたら、友達にグチってみるのがオススメです。

気持ちを吐き出すだけでスッキリしますし、意外と第三者からのアドバイスは目から鱗だったりします。

 

彼氏はあなたがよくて付き合っている

 

アイドルに嫉妬して、モヤモヤしてしまう…。

それだけ好きな彼氏がいるというのは、ある意味うらやましいことなのです。

 

ついついネガティブになりすぎて、「本当はアイドルが好きで、わたしは妥協…」なんて思ってしまう日があるかもしれません。

ただ、そんな贅沢な男はいないでしょう。

 

お付き合いすると、それなりの交際費が必要ですよね。

へんなはなし、妥協でかけるお金と時間があれば、アイドルに使いたくないですか?

 

アイドルはあくまで趣味に過ぎず、恋人はあなたです

 

あなたが恋人だからこそ、遠慮せずオタ活の姿をみせているのかもしれません。

 

どうしてもモヤモヤしてしまうときは、そっと彼を趣味の世界に送り出して、あなたはじぶんの時間を好きに過ごしてみてください。